接骨院の経営支援

開業支援レポート

接骨院を開業するやりがい

柔道整復師の多くは、将来自分の接骨院や接骨院などを持ちたいと考えます。もちろん、独立することが働くことの全てではありませんが、より高い収入や自由度、そして自分の力を試したいという意味では、独立することで様々なメリットを得ることが可能になります。では、接骨院などを開業することのメリットややりがいなどを見ていきましょう。
まずは、なんといっても雇われ時に比べて収入が高くなります。また、自分の頑張り次第で収入はいくらでも高くできるので、それだけでもモチベーションが上がるでしょう。ただし、収入を上げることばかりを考えて、患者の苦痛を取り除くという本来のやりがいを忘れないように注意しましょう。
やりがいという点においては、雇われ時よりも自分の力がモノをいうので、患者の苦痛を取り除いて感謝される度に、大きなやりがいを得ることができます。しかも、それが自分の接骨院などの経営に影響するので、そのやりがいは非常に大きいものと言えます。患者から感謝された上に、その患者の家族などからも感謝されたり、リピーターが増えたりすることを実現させるために、日々自分の技術を磨いておきましょう。
従業員を雇って後継者を育てるということも、独立することで得られるやりがいのひとつです。接骨院などの規模が大きくなってきたり、通ってくれる患者が増えたりすると、自分一人では対応できなくなり、従業員を雇うことになるでしょう。最初はサポートだけをしてくれる従業員が徐々に技術を積み上げ、やがて患者に対応することができるようになると、雇ってよかったと思うことでしょう。自分も働いているので、同時に人材を育てるというのはなかなか難しいことですが、機会があれば是非雇ってみましょう。
独立開業して経験を積んでいくと、同業他社のこともなんとなく分かってくるもので、中には不正やインチキによって施術を行っていることも分かることがあります。決して自分はそうならないと心に誓うだけでも、今後の見直しモチベーションややりがいに繋がっていくことでしょう。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院を開業する為に必要な期間

整骨院を開業するには、柔道整復師の資格を持つことが前提となります。資格を持っていない場合には専門学校に通い、柔道整復師の資格を取ってからということになり、独立する前に整骨院で働き、ノウハウを学んでいくことが必要になっていきます。

開業を思い立ち、準備を進めていく期間が必要ですが、開業の1年前には準備を始めていくことになります。まず開業に関するセミナーに参加し、資金としていくらかかるのか、調達はどうすべきか、スケジュールをどう立てればいいかというものを聞くことになります。そして、専門学校時代の友人や別の整骨院で働いていた時の先輩などが独立している場合には、開業した際に苦労したことなどを聞いて、参考にしていきます。このように、準備期間は開業に必要な知識をかき集めることになります。

プランを練るのは半年前から始めていきます。どのようなコンセプトにするか、目標をどこに設定するか、整骨院のレイアウトをどうするか、開業場所をどこにするかを決めていきます。場所やレイアウトなどは予算や融資の金額などで左右され、場合によって居抜き物件の活用であったり、元々コンビニだったところを改装するなどのことをしていくことになります。その際に、市場調査はしておかなければならず、特に同業者がその地区にどれだけ存在するかも知っておかなくてはなりません。その後は本格的な行動を起こしていき、資金集め、内装工事、スタッフ募集といったことをしていきます。保険の扱いや医療機器をどうするかなども決めていきます。

1か月前には保険請求のやり方や広告宣伝、開業の手続き、スタッフの採用、教育といったことをして当日を迎えます。思い立ってすぐにできるものではなく、長くても1年間は必要です。あくまで資格取得をし、自己資金もある程度用意してあることが条件であり、ゼロスタートとなると少なくとも数年、下積みを入れれば10年かかることも十分にあります。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院開業後の広告費用

整骨院を開業したら、整骨院ができたということを知ってもらうために、販促活動をする必要があります。知名度が上がれば、口コミなどで集客が見込めるかもしれませんが、オープンしたばかりの状態ではなかなか上手くいかないと思います。そのため、費用をかけて広告を出し、整骨院の知名度を上げながら、同時に新規顧客を獲得していくことも大切です。広告費用をどのくらいかけるかという点については、色々な考え方があります。そこで一つの指標として、整骨院を維持していくために、「最低でも月何人の新規顧客が必要で、一人あたりにどのくらいまで広告費を使えるのか」というのを考えると良いと思います。この人数と金額の目安があれば、掛け算をすることで必要となる広告費用が分かります。例えば、月10人の新規顧客が必要で、一人あたりに6,000円の費用を使えるのであれば、広告費は60,000円になります。一人あたりに使える金額は、それぞれの整骨院によって異なります。人件費や家賃、機材の費用など、固定費とのバランスを見て考える必要があります。そのため、都心にある整骨院と、郊外にある整骨院とではその指標は変わってきます。広告として使用する媒体は、チラシやフリーペーパー、ポスティング、ネットなど数多く候補はありますが、どの媒体を使う場合であっても、基準となるのはこの考え方です。そして広告を実施した後は、それぞれの媒体から、どのくらいの顧客が獲得できたのか、しっかりとその費用対効果を分析することが重要です。効率のいい媒体を取捨選択していくことで、無駄にお金を使ってしまった、という失敗を防ぐことができます。また開業後は、軌道に乗れば、インスタグラムやフェイスブックといったSNSを使って整骨院の魅力や情報を発信したり、紹介制度を設けてリピート顧客から新規顧客を紹介してもらったり、有料広告だけに頼らない集客も併せて実施していくのも一つの方法です。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

接骨院開業後のプロモーション方法

接骨院は、長年の経験と高い技術を持つことで口コミによって遠方からのお客さんをとる可能性はありますが、開業後すぐは知名度がありませんので、近隣のお客さんを取り込んでいくことから始まります。そのため近隣に競合店が無いことが重要なポイントになります。
そのプロモーション方法としては、住宅にチラシを投入することや、地域のミニコミ誌に広告を出すことです。一度では反響は大きくありませんので、一定の期間ごとに継続していくことが重要です。何度も広告を目にしたり、店舗の前を通ることで、そこに接骨院があることが記憶され、ケガや腰痛などになった際に思い出してもらうことができます。
次に、接骨院のお客さんになりそうな人が来るところにチラシを置かせてもらうことです。運動教室やスイミングスクールなど、スポーツを行うところではケガが発生することがありますので、挨拶周りをしたり、チラシを掲示しておくことで新たなお客さんを呼び込む可能性があります。
他院との差別化も効果があるでしょう。一般的な治療をするだけでなく、店内の雰囲気に個性を出してみたり、マッサージなど他の施術も行えるようにすると、お客さんには魅力的に映ります。地域を特集する雑誌や新聞の記事として取材をしてもらうのも良いでしょう。その時に施術の良い感想を書いてもらえれば影響力があります。
いくつかのプロモーション方法を紹介してきましたが、最も重要なのは施術の腕です。接骨院は整形外科と比べて治療の効果が薄いという意見があります。しかし腕の良い接骨院でマッサージや施術を受けると患部の調子が良くなるものです。来店されたお客さんに効果を実感してもらえれば、口コミでお客さんは増えていきます。開業前に他院で修行するなど、一定のレベルに達してから開業するのが良いでしょう。お得意様を連れていくこともできます。
開業している接骨院の急速な増加から、収入を得ることが以前より難しくなっています。お客さんに満足してもらえる施術を根気強く行っていきましょう。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

接骨院を開業するまでにかかる費用

接骨院の開業に至るまでには、様々な費用が必要になります。まずは、接骨院として使用する物件についての情報を整理しましょう。たとえば家賃10万円の物件を接骨院として使うとなると、最初に敷金としてその3倍の30万円ほどが掛かります。更に初月の家賃である10万円に、物件を紹介してくれた会社への手数料にも10万円、そして火災保険などへの加入も条件になりますからそれも計算に入れなければなりません。
そうすると物件の準備では、最低でも50万円から60万円ほど掛かってきます。仮に礼金も求められればもっと高くなるでしょう。家賃については接骨院の開業には18坪以上の建物が必要ですので、その広さを前提として相場を確認するべきです。もちろん持ち家を接骨院として使用するのであれば、関係のない話になります。
次に、機材に掛かる費用です。ほぼ間違いなく必要になるであろうベッドは1台4万円ほど、低周波治療器や干渉波治療器は合わせて70万円ほどの予算を見込んでおくといいでしょう。高額なのはローラーの付いたベッドです。接骨院なら間違いなく見掛けるであろうあのベッドは、1台で80万円弱もします。他には固定用の機材などもないといけませんので、忘れずに準備しなければなりません。これらを総合すると機材には170万円から180万円くらい掛かることになります。
普通の物件を接骨院として使う場合には、内装を改装することにもなるでしょう。もしかするとこの部分が一番費用が掛かる可能性もあります。電気工事は確実に行うことになりますので、業者への見積もりを早めに行っておくのが理想です。規模にもよりますが、およそ30万円は掛かることでしょう。空調や水周りも工事をするなら合わせて50万円程度、看板を掲げるための工事もするでしょうから約20万円ほど用意しなければなりません。こればっかりは物件の状況や開業者のイメージに左右されるため具体的な数字とはいかないものの、100万円弱改装費用にあると安心できるでしょう。こうして考えると接骨院の開業までには、400万円ほど掛かります。あくまで参考程度の金額ではありますが、1つの基準にしてみてください。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院開業後の年収について

整骨院は主に柔道整復師が行っているもので、主に骨折、脱臼、打撲、挫傷といった怪我を外科的な方法を使わないで治療するところになります。整骨院のほか接骨院とも呼ばれますが、いずれにしてもその役割は整形外科の補助的な役割を担っており、また治療が健康保険の対象であれば保険請求を行うことができます。
柔道整復師の就職先としては整骨院や接骨院のほか民間病院やスポーツトレーナーといったものがあります。また独立開業している人も多くいます。一般的に柔道整復師の年収は300万円程度とされますが、中には600万円から700万円といった年収を得ている人もいると言われています。
この理由としては柔道整復師が骨に関する怪我を治す他にも整体のように身体を整えるといったことも行うため人によって付く客層が変わるためで、また歩合制としている整骨院では、お客が多く付いた場合にはそれだけ年収も増えることになります。このため整骨院を開業したあとの年収は、本人の努力次第といったところが大きくなります。

柔道整復師の収入としては治療では骨折、脱臼、打撲、挫傷といった怪我の治療があり、この場合に健康保険を適用する場合には健康保険料が収入になります。また、骨を治療するさいには、湿布やコルセット・サポーターなども販売することになるので、この物品販売も整骨院にとっては大きな収入源になります。また骨に関する治療以外に身体を整える整体は、治療以上にメリットがあります。
一方で健康保険に頼らない柔道整復師も多くいます。健康保険に頼る経営よりも実費治療を行う方が将来的には収入が多くなります。これは整骨院として開業している場合には、治療よりも骨から来る体調不良を治療してもらいたいという人が多いためです。また健康保険の場合には一時的な怪我になるので、安定した収入を得ることが難しいですが、実費治療で整体を行う場合には継続的な収入を得やすくなります。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院開業セミナーに参加すること

柔道整復師の資格を取得されて、自身の整骨院を開業したいとお考えの方がいらっしゃることでしょう。しかしながら、開業するにあたっての資金面や準備、事業計画をどのように立てたらいいかわからない事などに不安を持っていて、一歩が踏み出せないという方も多くみられます。
そのような方におすすめしたいのが、整骨院開業セミナーに参加されることです。この、整骨院開業セミナーに参加された後に、自身の整骨院を開かれた方が多数いらっしゃいますので、資金面や準備などに不安点がある方は参加されてはいかがでしょう。
整骨院開業セミナーでは、開院するために必要な資金調達のポイントを教えてくれたり、開院して営業を始めてからの売り上げをのばすポイントなどをアドバイスしてくれます。例えば、実例を紹介しての開業までのタイムスケジュールを知ることができたり、整骨院を開院して施術を提供していきますと、療養費を保険請求しなければならないものですが、その方法などを解説してくれたりしますので、役立つことは間違いないものでしょう。セミナーを開催しているところによっては、終了後に医療機器による体験コーナーを設けていたり、個々に相談を受け付けていたりするものですから、この機会に不安な点をすべて話をされてはいかがでしょう。
整骨院を開業するためには、店舗に関する資金、医療機器や備品に必要な資金、広告費や人件費などを用意する必要があります。自己資金が足りない方は、借り入れる方法を提案してくれたりしますから、相談されることをおすすめしたいものです。一般的には、一年以上の準備期間が必要といいますから、早めにセミナーに参加されて事業計画を立てられるのがいいでしょう。
柔道整復師の資格を取得された方や、独立をお考えの方は、受講して良かったという声の多い、整骨院開業セミナーに参加されて不安要素を取り除き、必要なノウハウを身につけられてはいかがでしょう。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

接骨院の開業で受けれる助成金について

接骨院を開業しようというときに、まず解決しなければいけないのは資金の問題です。
自己資金だけで、すべてを用意できればいいのですが、現実として銀行などに融資を申し込む人は多いです。一方で融資は、たしかに準備をする助けとなりますが、後に返済をしなければいけなくなりますから、その負担が重くのしかかる可能性もあります。そう考えると返済をする必要ない資金を調達できる方がよいでしょう。そこで活用するべきは助成金です。ただ、整骨院だけに絞った助成金というのはないので、たとえば地方自治体がその地域を活性化させる事業者のために設けている助成金、あるいは高齢者や失業者を雇った事業主に支給される助成金などが使うことが出来ます。
ただ、支給の対象になるのは、条件を満たさなければいけませんから、よく準備しておかなければいけません。
一年中受け付けているわけではなく、上限もあります。審査に通っても実際にお金を受け取ることが出来るのは一年後ということもあります。助成金がもらえると見込んで地方での開業をしてしまうと、もしアテが外れてしまったらプランが台無しになります。助成金をメインに考えるのではなく、もらえたら助かるという程度にしておきましょう。
それにお金がもらえるからと言って、雇う予定もなかった人を雇うというのは大変なことで、きちんと仕事をさせて育てていかなければ問題になることもあります。労働局では、不正受給をしたと思われる事業主の公表をしていますから、そうなっては商売にも差し障りますから、将来を見据えて野党覚悟が必要です。
もしも、助成金が欲しいのであれば、開業に関わるその他もろもろの手続きも合わせて、ノウハウを持っている開業支援の業者に依頼すると良いでしょう。助成金申請の代行も行っているので、実際にどのようなところに申請ができるのか、そのために何が必要なのかということをアドバイスしてくれます。特に事業計画書は審査を左右する内容なので、そこを見てもらえれば安心です。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院の開業に必要な行政への申請

整骨院を開業するにあたって色々な申請手続きが必要です。
行政へ行って申請手続きする必要があります。
申請手続きをしていない場合、保険の請求ができないこともあります。
開業することを決めたら、早めに申請書類をそろえましょう。
1ヶ月ほど前にそろえると良いでしょう。
レセプトシステムの導入における売買契約書、リース購入の場合はリース契約書を用意してください。
各種共済番号の取得をする必要もあります。
そして、もちろん施術所開設届けを出さなければいけません。

各種共済番号の取得をするために共済組合へ行かなければいけません。
施術所開設届けに関しては、保健所へ行かなければいけません。
また、それに際して、柔道整復師の免許証、運転免許証などの身分証明書、整骨院の施術所の平面図、周辺のマップなどを用意する必要があります。
整骨院の施術所が賃貸の場合は店舗賃貸契約書を、法人の場合は定款、登記簿謄本を用意する必要があります。
それらを提出して受理されると、その副本に受理印が押されます。
その副本を厚生局へ提出します。
提出する前にコピーをとりましょう。
コピーが各種申請の添付書類として必要になってくるからです。

この他、労災の取扱いに関する届出もする必要があります。
生活保護者や母子家庭など、各種公費の扱い申請もする必要があります。
このように色々な申請手続きが必要なのです。

施術所開設届けの際の保健所の実地検査に関しては、開業する地域によって違います。
立ち合い検査がある地域とない地域があります。
施術所開設届けのひかえの発行に関しても、郵送で届けられる地域もありますし、保健所へ取りに行く必要がある地域もあります。
これらのことは、開業にあたってのスケジュールに大きく関わってきます。
ですから、事前に開業する地域の保健所に問い合わせてください。
事前に調べておかないと、予定していた日に開業することができなかった、ということになりかねません。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院開業時、スタッフの給料について

整骨院を開業し、各種設備を整えても実際に整骨院を経営するためには、まずは事務などの処理をしてくれる受付のスタッフや、助手を務めるスタッフ、場合によっては、将来独立開業を目指しているスタッフなど、一人の整体師本人の力量だけでは、整骨院の運営はままなりません。受付や事務をやってくれるスタッフが、婚姻関係、もしくは友人知人でも、それ相応の給与を与えなければならないのです。それでは、それら整骨院を営む上でのスタッフに対する給与の相場は、いくらくらいになるのでしょうか。例えば、整骨院に雇われて働く整体師の給与は、だいたい15万円から20万円というのが相場だそうです。ただし、福利厚生や昇給の見込みはなく、やはり、30万円から数百万の月収を得るのは、独立開業して、技術力や評判、そして人脈など、そして、どこの地域でどんな立地条件にあるかの条件は幾つかありますが、院長の能力次第では、いくらでも稼げるようになります。では、受付のスタッフや事務方のスタッフの方々の場合は、求人広告の数値で見ると、時給にしてだいたい、1000円前後が相場のようです。月に15万円から20万円になるのでしょうか。しかしながら、現在の整体、鍼、お灸などの病院の数は、地域にもよりますが、非常に乱立しており、これは何を意味するかというと、整体師などの技術者で、手に職をつけたいと思う人たちを多く輩出する学校などがたくさん開校していて、事実上、熾烈な競争社会になっているのが現状なので、給与をこのレベルで維持するには、ひとかたならぬ労力を用いなければならず、整骨院を開業したときに雇ったスタッフの生活を給与として支払っていくには、かなり厳しい業界です。ですので、最初は、院長自身の給与を削ってでもスタッフに対して人的投資をしなければ、経営は成り立ちません。しかも、勤務時間は長く、それほど高給なわけではないのが現状のようです。整骨院を開業するのであれば、相当の覚悟も必要です。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

人気接骨院を開業するためのコンセプト作り

多くの整体師や柔道整復師において、将来自分の接骨院や整骨院を開業することは一つの夢でしょう。開業することが出来れば収入が上がったり、勤務の自由度が増すだけでなく、自分の力が経営に直接繋がるので、開業するまでに培ってきた整体師や柔道整復師としての技術や経験を試すことも可能です。ただ、最近では多くの接骨院や整骨院を見かけることができ、一部では供給過多に陥っている地域も存在します。そんな中で、どのように宣伝することで、自分の接骨院や整骨院を人気にすることができるのでしょうか。まずは、コンセプトから考えるようにし、それに向かって努力することから始めてみましょう。
接骨院や整骨院におけるコンセプトには、様々なものが考えられます。施術の効果のみを重視しても、施術する人がぶっきらぼうだとなかなか通う気になれないし、かといってアットホームな面のみを重視しても、満足した効果が得られないのではと心配してしまいます。そのため、両方をバランスよく取り入れることが大切であり、その際には訪れる患者の立場に立って考えるようにしましょう。一つのポイントとして、自分のこれまでの経歴や実績をコンセプトに盛り込むと、なかなかそれらしいものが見えてくる可能性があります。たとえば、自分がなぜ整体師や柔道整復師になったのか、これまでどんな症状を緩和してきたか、得意な施術は何かなどが挙げられます。こうすることで、当院のコンセプトのみならず、自分の自己紹介がわりにも読んでもらえるので効果的です。ただし、当然ですが話を盛ったり、嘘を記載することはやめましょう。
あくまで参考としてですが、現時点で人気のある接骨院や整骨院のコンセプトを色々と見てみることも良いでしょう。なぜ人気があるかが分かる可能性があるし、なによりコンセプトとはどういうものかということまで把握することができます。自分が思い付きもしなかったアイデアが思い浮かぶ可能性もあるので、是非積極的に活用しましょう。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院を開業する際の融資について

整骨院を開業するにあたって、まず必要なのは、整体師としての技術はもちろんのこと、当然、自宅を改築するなり、テナントを借りるなり、その他、物件を買って病院を作らなければなりません。そこで必要になるのは、どうしてもお金の問題になってきます。そのために銀行や信用金庫からお金を融資してもらうにも、当然、それに見合った担保を要求されるので、担保を保有していない限りお金を借りることはままなりません。十年、二十年先を見越して開業資金を貯めてから開業するという選択肢もなくはないですが、それも遠い未来の話になってしまうので、あまりベターな方法ではありません。今すぐに整骨院を開業したいのであれば、それを全面的に支援してくれる、全国柔整鍼灸共同組合という組織があります。そこでは、開業に至るまでのプロセスや経営していくうえでのノウハウを交えたセミナーを無料で受けることができ、全国柔整鍼灸共同組合の会員になれば、入会後に、いかにすれば整骨院を開けるかなどの全面的なバックアップのもとに支援をしていただけます。そして、現実的にテナント等を借りて開業しても整骨院としてやっていけるかなどの不安を抱く方に対しても、全国柔整鍼灸協同組合では安心して融資を受けられる、融資実行サポートの名のもとに、日本政策金融公庫の新規開拓推進チームが行っている事前相談が受けられ、融資を受ける際の書類作成や交渉の仕方などを教えてもらえます。そして、いざ融資を受けるための融資の交渉にも新規開拓推進チームが同行し、アドバイスなどを受けられるので、そういった事情の初心者でも安心してサポートが受けられるのが何より心強いものです。過去のデータを見る限り、各人500万円から700万円の融資を受けられた実績があるのも、新規開拓推進チームの力量が見て取れます。やはり、この不景気の中で整骨院を開業するための融資を受けるのは大変です。まずは全国柔整鍼灸共同組合の会員になれば、整骨院の開業も現実のものとなります。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院開業のメリット・デメリット

整骨院の需要は今後も増えていくことでしょう。
実際に、未病の状態を抱えている人が今や日本には沢山いる。
寧ろ、健康体な方を探すのが難しいのではないでしょう。
冷え性や頭痛、肩こりや腰痛といった、病院に行っても治らないような体の症状を改善させるサポート的な施術が行えるのは整骨院だからこそです。
その為、需要はかなり高いと言えます。
開業すれば、それなりに患者様が集まるでしょう。
また、施術は一回限りとは限りません。
何度も通って頂く必要があれば、その分儲けも出てきます。
ある程度症状が治まって、通わなくなったとしても、人は生きていれば病気もするし、怪我もします。
年齢を重ねたことによる不調を感じることもある為、また何かしら症状を訴えて、通い始めるケースも多々あります。
また、施術にそれ程大きな機材などを使わなければ、開業後のコストもあまり掛かりません。
上手くいけば、あまり宣伝しなくても、口コミのみで広がっていくでしょう。
体の痛みは誰でも早めに治したいものです。
特に、富裕層ともされている男根世代の方々は、一番体に様々な症状が出やすい時期に来ています。
それでも、元気でいたいと願うものです。
体の痛みを取り除き、趣味に時間を費やしたいと考えていますから、その分通ってくれるでしょう。
しかしながら、もちろんデメリットもあります。
患者様が必ず集まるとは限らないからです。
立地条件などによっては、想像以上に患者様が集まらず、赤字になってしまうケースもあります。
実際に、整骨院の場合は開業するのにも、それ程大きな資本金は必要としていないといったメリットがありますが、その分ライバルも多い為、人気がある整骨院の場合はかなり儲けることが出来るでしょうが、そうでなければ赤字経営になってしまいます。
どんな事業でもそうですが、ある程度の経営方針をしっかりと固め、近隣の状況などを把握しておくことが大切です。
経営者としてもしっかりとした経営戦略を考えなければなりません。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

居抜き物件で整骨院開業のメリット・デメリット

整骨院を開業するためには多額の資金が必要です。そのため、居抜き物件で開業する先生もいらしゃいます。居抜き物件で開業する事も大きなメリットは、器具や備品などが揃っているため初期投資費用が掛からない事です。医療機器やベッドを新品で購入する場合、物のランクによりますが1,000,000円近くかかる場合もあります。その費用が掛からないと、その他の経費に充填することができます。人件費であったり居抜き物件にはなかった備品を購入したりなど、先生の購入できる選択肢が増えます。しかし、メリットばかりではありません。デメリットも存在します。事例を挙げるなら、居抜き物件の場合、前に開業していた先生がやりやすいような間取りやデザインで設計しております。そのため、新しく開業する先生が動きづらい可能性があります。その場合は、間取りを変更するための工事を費用を掛けてするか、その動線に慣れるしかなくなります。やはり、新規に整骨院を開くのであれば自分がやり易く運営し易いこと事が理想です。また、残った備品や医療機器が中古になりため故障や破損が発生した場合に補償がない点もデメリットと言えます。特に医療機器は精密機械のためメーカーの保証が不可欠となります。しかし、既存の医療機器が古く保証期間が終了していた場合は、修理費用などが発生してしまいます。中古の医療機器や備品は、以前に誰がどのように扱ったかが不明で不衛生な可能性があります。お客様によっては、備品のベッドに横になるため不衛生だと嫌うお客様も大勢いらっしゃいます。そのため、以前どのような感じで使用していたかや、メンテナンスの頻度などを居抜き物件に開業する前に把握しておく必要があるのです。やはり、新規開業となれば初めて来るお客様はきれいな備品や医療機器を期待します。そこで、中古感や不衛生な感じを覚えられると今後の運営に影響してくる可能性が高いため、居抜き物件で整骨院を開業する場合は事前に下調べを入念にして下さい。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

居抜き物件を活用して整骨院の開業

居抜き物件とは、前の所有者が使用していた家具や内装、設備などがそのまま残っている店舗を言います。居抜き物件には、さまざまなメリットがあります。
まず、前の所有者が残した内装や設備を使うことができるので、開業コストが抑えられます。もちろん、まったく元の状態のままで使うことはできないにしても、新たに出店するよりは費用が安く済みます。
次に、前の店舗が抱えていた顧客を受け継ぐこともできます。同じ場所に同じ業種の店ができれば、顧客は抵抗なくその店舗を利用できます。整骨院にしても、状況は同じです。
だからといって、簡単に居抜き物件で整骨院が開業できるとは限りません。押さえておくべきポイントがあります。
例えば、造作譲渡料や設備の状態などを確認する必要が出てきます。設備や内装を受け継ぐなら、その金額が適切であるか、傷み具合はどうかなどを調べないことには、開業できるかどうかの判断ができません。
また、内装や設備が思い描いていたものと異なっていれば、大きく模様替えをすることになります。そのための費用が以外にかかってしまうことがあります。整骨院同士でも店舗イメージは違うでしょうし、使う設備や機器も変わってきます。そのへんの状況をよく確認して、居抜き物件を選ぶ必要があります。
そして、前の整骨院がどうして廃業したかもチェックしておかなければいけません。患者とのトラブルがあったのか、そもそもお客さんが集まりにくい場所なのか、先生の腕がよくなかったのかいろいろ考えられますが、それによってとるべき対策がちがってきます。
トラブルや能力不足による悪い評判があった場合は、それを払拭するのに時間がかかります。悪いイメージを引きずってしまうと、その影響がもろに出るので、イメージ一新の努力を一生懸命にしなければなりません。
お客さんが集まりにくい場所だと、ある程度宣伝にお金をかける必要が出てきます。そのための費用も準備しておかなくてはいけません。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

接骨院の開業時に必要なベット数

接骨院を開業するためには色々な設備を整えなければいけないのですが、その中でもポイントとなってくるのが治療するためのベッド数です。接骨院では施術をするためには必ずベッドは必要となっているので最低でも1台は設置しなければいけないのですが、この設置数に関しては特に明確に決まっているわけではないとされています。そのため基本的に自分たちでどの程度の数を用意するのかと言うところを自由に決めることができるのですが、その数については開業する接骨院の広さや間取りによってある程度決まってくると考えられています。
そのためベッド数は必ず何台は用意しなければいけないというわけではないのですが、基本的には3台から4台程度設置する事ができる広さを確保しておくことが理想的だと考えられています。また通常の治療ベッドのベッド数だけではなくウォーターベッドなどリハビリ目的の特別なベッドも設置する必要が出てくるので、その点も把握しながらそれぞれのベッド数をどの程度確保できるのかと言うところを検討しておく必要があります。特に開業したての場合は予算と言うものが限られているので、ベッドの種類や価格によっては広さが確保されていてもベッド数を確保できないと言う事もあるのでその点は注意が必要です。
また接骨院に設置するベッドで一番注意しておきたいのが、設置されているベッド数がその接骨院で一度に治療する事ができる人数の上限となっていると言う点です。そのため治療の回転率なども考えなければいけませんし、接骨院のスタッフの人数に合わせたベッドを用意しなければ上限を超えてしまったり逆に上限に全く達しないという状態を作ってしまう可能性があります。このように治療用のベッドはただ治療をするための設備として用意するのではなく、その接骨院で抱えることができる患者の数を決めるための要素として重要となっているのでスタッフの人数や広さなど色々な部分を考慮して数を揃えるという事が必要になってきます。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院の開業に必要な医療機器について

整骨院を開業するためには、備品を揃えたり医療機器を整備したりなど様々な準備が必要です。では、どのような医療機器が必要かと言うと、低周波治療器は必要です。低周波治療器は一般的な整骨院様であれば皆様整備しております。電気振動で筋肉の緊張を解して血行やコリをほぐす効果があります。また、足湯や治療患部を温める温熱治療器を導入している整骨院様も多いです。こちらは、低周波治療器と違い温熱で血行を良くしてコリや痛みを緩和する機会となります。やはり、患部を温める行為はリラックス行為にも繋がり大変良いです。そんなに大がかりな物ではなく電気毛布のような簡易的で安価な商品でも効果が望めます。また、リラックス効果をもたらす医療機器として、ウォーターベッドがあげられます。ウォーターベッドは、水圧の力でコリを解す治療が出来ます。日常生活で水圧でマッサージを受ける機会が少ないため、初めてベッドで寝る人は不思議な感覚に陥ります。水圧で優しい力でマッサージを進めていくため、高齢者や骨が弱い方でも治療を受ける事ができます。抜群のリラックス効果を得られるため、お客様からの満足度が高い医療機器です。しかし、高価な商品であり機器自体の寸法が大きいため開業前にどの位置に設置するか、搬入時に開口を通るかなどを確認しておかないで注文すると、いざ設置するときに入らないなどの事態が発生してしまうため注意が必要です。また、整骨院様で人気の医療機器が超音波治療器です。超音波は、人の耳には聞こえない程の音波で、その音波が指圧では届かない体の奥にある患部に振動を与えるため、痛みやこわばりなどを緩和する効果があります。人の指圧には、限界があるため、体の奥深くまで浸透する音波を使用する事は大変メリットがあります。痛みの緩和の即効性があるため、大事な仕事や試合などが控えている人にも推奨される治療法です。整骨院を開業するためには、資金が必要です。医療機器は高価な商品が多いため、自分が用意できる資金内で開業できる準備をして欲しいです。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院の開業時の求人募集について

整骨院を新規で開業される際には、よほど小規模でない限り、必ず、スタッフの雇用が必要となります。
近隣に競合する整骨院が無い場合など、立地条件的にも良好な場所で開業ができ、多くの患者の来院を期待できるケースでは、処置を施す際の補助スタッフや受付、経理などの事務スタッフ、柔道整復師、針きゅう師などの資格を持ち、実際に施術を行えるスタッフなど、多くの人材を雇用しなければなりません。
求人を掲載するにあたって、まずは職種別に、必要な条件を決めておくことが必要となります。
未経験者でも応募が可能なのか、経験者であれば、どの程度の経験が必要なのか、職種によって、必要な学歴や資格なども決定したうえで、給与や福利厚生、社会保険といった労働条件の指針などもきっちり決めておくことで、求職者とのトラブルを未然に防ぐことができます。
補助スタッフや受付スタッフ、事務員などは、一般的に無資格でも雇用できるため、無料で求人募集ができる、公営の職業安定所などを利用して、募集すれば、費用をかけずに求人を掲載することができます。
柔道整復師や針きゅう師といった資格を持つスタッフの募集については、有資格者であるため、一般的な求人情報誌などに掲載しても、応募者がなかなか集まらないこともあります。
そういった場合では、整骨業界の機関紙などの求人欄や、柔道整復師などの養成学校へ求人情報の掲載を依頼したり、必要であれば、有資格者が登録している人材紹介会社の紹介を受けるなどしても良いでしょう。
また、一番労力をかけずに掲載できる、公式ホームページを利用されるのも手段の一つです。
その後、求職者が応募してきた際も、面接時には、休日や勤務時間などの労働条件もはっきりと明示しておくことで採用をスムーズに行うことができます。
オープニングスタッフというのは、開業という荒波を共に越える仲間でもありますので、採用をされる際は、慎重に検討されることをおすすめします。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

接骨院開業時の求人募集について

 接骨院を開業するという段階になったなら、求人を行いたいという方は多いのではないでしょうか。人を雇うことで、多くの仕事をしなくてもよくなります。そのため、自分の負担も軽減され、本来の力を入れたい仕事に集中できるのです。また、求人情報を見て採用された方からのつてで、新しいお客様が増えることもあるのです。
 現在、様々な求人媒体があります。
まずはハローワークです。ハローワークに依頼すれば、求人情報を掲載してもらえます。しかも掲載料は無料なので、気軽に依頼することが出来るというのが大きいでしょう。また、インターネットにも対応しているので、求職者が自宅にいても情報を見られるというのが特徴です。
また、求人情報誌は駅やスーパーやコンビニなどたくさんの場所に置いてあります。発行元に依頼すれば、ここに掲載してもらうことができます。
 そんな数ある媒体の中でも特に近年メキメキと力をつけているのは、インターネットの求人サイトです。最近では、情報誌とサイトの二つに情報を掲載するということも増えています。欠点は、ハローワークは掲載料が無料だということに対し、こちらは有料だという点です。しかし、雰囲気がわかるような写真を掲載することができますし、接骨院の雰囲気を伝えることが可能です。
そして、その一番の魅力は、仕事の探しやすさにあります。求職者が自分の希望条件を選択するだけでその条件を満たした情報が簡単に出てくるのですから、これほど便利なものはありません。
 また、スマートフォンや携帯電話のサイトならば、その場ですぐに電話をして問い合わせたり、応募したりすることも簡単にできるのです。思い立ったときにすぐに行えますから、求職者にとってはとても便利なツールなのです。
 接骨院の開業に伴う求人を出したいのであれば、このようなサイトに依頼するのが最も手っ取り早いといえるでしょう。また、業種や職種の専用サイトもございますから、採用する人にはどのような仕事をしてほしいか考えてから、依頼しましょう。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院を開業するための事業計画書

整骨院を開業するために必要になってくるのが事業計画書です。この事業計画書の作り方としてまず重要になってくるのが資金を検討することです。資金として考えなければいけないのが家賃、設備、人件費、広告宣伝費などです。家賃に関しては訪問専門以外は店舗を構える必要があるため、自宅で開業をする場合を除いて必要になってきます。家賃と一言で言ってもかかる費用には地代家賃、敷金・保証金、仲介手数料があります。地代家賃は場所により大きく異なり今後毎月発生する重要な支出になってくるので、事前に相場を検討しておく必要があります。通常は地代家賃は前払いであることが多いので開業月には当月分と翌月分の家賃が発生することになります。続いて敷金や保証金に関してですが、地域によって異なるものの通常は地代家賃の3ヶ月分から10ヶ月分だと言われています。また場所を決める際に通常は不動産仲介業者に依頼するので、その手数料は1ヶ月分の家賃が相場だと考えられます。そして場所が決まると整骨院として使用するために内装工事が必要になってきます。内装工事にかかる費用はどこまでするかによって変わってきますが、お客様目線に立って考えることが求められます。追加工事により資金が想定していた金額よりも高くなることがあるため、しっかりとした計画書が必要になってきます。さらに開業してから費用面で非常に高くつくのが人件費だと考えられます。初めから従業員を雇うか検討し、雇う場合には労働保険や社会保険に加入する必要があるのでその負担額を人件費に加えておく必要があります。人件費の計算を間違えると整骨院の運営に影響を及ぼすので、正確な事業計画書が求められます。最後に事業計画書を作成する際に考えなければいけない費用として挙げられるのが、広告宣伝費です。広告宣伝費は開業時の広告として非常に便利なので検討している方も多いかもしれません。初めは名前を売っていく必要があるので広告にかけた費用と来院の効果を実証していく必要があります。このように事業計画書を作成する際には様々なことを考慮していかなければいけません。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院の開業をお考えの方は必見

近年、整骨院の開業が増えてきており、そのポイントについてご紹介をします。
まず、整骨院を開業するにあたって、どのようなユーザーをターゲットとするのかを決める必要があります。その理由として、ビジネスパーソンをターゲットにするのか、はたまた、街のお医者さんといった形で年配者の方をターゲットにするのか、それとも、女性をターゲットにするのかによって、立地であったり、マーケティングの戦略が全く異なってくるためです。そのため、しっかりと、どういったターゲット層を狙っていくのかを吟味する必要があるのです。
ターゲット層が決まったのであれば、それをもとに、どこで開業をするのかを決めていきます。ビジネスをターゲットとするのであれば、ビジネス街であり、公共機関からアクセスの良いところにするのが良いですし、高齢者をターゲットとするのであれば、住宅街のところになってくるなど、ターゲットによって異なってくるので、注意が必要です。
また、マーケティングの戦略も検討し、実施していく必要があります。チラシなどを整骨院の近くで配布して、存在に気づいてもらい、名前を覚えてもらうようにします。そういった実際のものだけではなく、ホームページを制作して、ウェブ上からも知ってもらうということも大切です。例えば、ビジネスマンであれば、仕事帰りにマッサージなどを受けることができる整骨院をお昼休みにスマートフォンで探すといったことがある可能性があります。そういった場合に、ホームページを作成しておけば、この整骨院に帰りによってみようと思い、来てくれるかもしれません。
最後に、自分のプロフィールをしっかりとアピールしておく必要があります。これまでにどのような経験を積んできたのかを明確に示すようにするのが良いです。その理由として、やはり、最後は人で判断するものであり、実績をたくさん持ってて、信頼することができるお医者さんを選ぶことになるためです。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

接骨院の開業で失敗しないための方法

巷には新規の整骨院をよく見かけます。
しかし、数か月後に同じ場所を通るとまったく別のお店になっているなんてことはよくある話です。
しかし、接骨院の需要は高まる一方なのに、何故失敗してしまうのでしょうか。
開業を目的として、勉強をしたり、ライセンスを取得されてから、ある程度の収入の目標や開業後の経営方針などは考えていらっしゃると思います。
宣伝をしたり、特別なサービスを行うなどすれば、まったく誰も来ない、ということは殆どあり得ません。
相当立地条件が悪い、宣伝を全くしていない、といった特殊な場合でない限り、通常は1人でも2人でもやってくるものです。
そして、接骨院を続けていく上では、その1人や2人のリピーターを増やしていくことがカギになります。
ある程度の患者様がいらっしゃるようになれば、後は口コミなどでも広がりますし、長年続けていれば、看板などを目にした方がいらっしゃることでしょう。
しかし、何故上手くいかないのか、理由は案外単純な理由です。
1度、足を運んだ方が、「もう一回行きたい」と思っていないからです。
患者様が足を運ぶ理由も単純です。
「良くなったな」と実感出来るからです。
また、現代人はスピードを重視している部分があり、確かに時間を掛けてゆっくりと治していったのが体への負担は掛かりません。
しかし、そんなにゆっくりと治している程の時間や財力がる方ばかりではありません。
1度の施術でいかに体の状態を良くして上げられるのか、その方に合わせた治療が必要になって来ます。
もちろん、接骨院ですから、治療には時間が掛かります。
それでも、その中で1度行った時にどれだけ緩和されるのかを患者様は求めています。
結局は、施術者による技量が非常に大切になってくると言えるでしょう。
どれだけ特殊なサービスを提供していばも、どれだけ立地条件がよくても、どれだけ宣伝をしていても、患者様に「また来たい」と思わせなければ上手くはいきません。
失敗しない為には、患者様を良くすることを念頭に置いて考えていきましょう。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院を小資本で開業する方法

整骨院を開業するには、さまざまな手続きが必要で、保健所が承認する届出書で各必要添付書類とあわせて保健所から承認を受ける施設所開設届を提出する必要があります。
そのほかにも、柔道整復師免許の原本と写し、施術所の平面図、最寄り駅からの案内地図、法人の場合には定款と登記簿謄本、施術所が賃貸の場合には、賃貸契約書のコピーが届出には必要です。
施術所開設届は、開設後10日以内に提出する必要があり、すでに開設をしている状態である必要があります。
ただ、保険請求をするためには、厚生局へ申請する際、施術所開設届の写しが必要で、開業していることが条件となると、開業当日から保険請求をすることはできないことになってしまいます。
そのため、初日から請求のできない施術をしてしまわないように、整骨院では施術所開設届の届時をプレオープンをして、準備を進めて、開設届の届出を無理なくすすめるケースが少なくありません。
整骨院というのは、柔道整復師の国家資格を取得して、はじめて開業することができます。
そもそも整骨院とは、マッサージやストレッチなどの手技や電気治療、テーピングなどの技術によって、体の歪みを整えていき凝り固まった筋肉をほぐしていく治療のことで、整体との違いは、国家資格をもった施術者が施術を行い、保険を適用した治療を受けることができるという点にあります。
健康保険が適用される症状は、ひびや骨折、脱臼、打撲、捻挫の5つの怪我だけで、肩こりなどの筋肉疲労や腰痛の治療は適用されません。
できるだけスムーズに、小資本で開業するためには、DVDを活用して勉強するという方法がありますが、独学で勉強すると知識が断片的になってしまうため、無料のセミナーなどを受講してみるとよいでしょう。
セミナーでは、資金運用の方法や、集客方法などを受講することができ、同じように開業についての悩みを持つ参加者がいるため、新しい人脈を作ることもできます。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院を開業して悩むことといえば

整骨院を開業して、1番の悩みはやはりお客様の集客です。新規で開業する場合は、まず初めにリピートのお客様を増やすことが大前提です。リピートのお客様を増やすためには、第一に整骨院の先生としての技術が必要です。技術は、修行を積んで身に付けていくため長年他の整骨院様で施術をしてきた先生なら間違いなく技術を持っていると確信できます。お客様は、お金を支払い自分の体の痛い部分やこわばりなどを改善するために整骨院に通ってきます。何度も通院しているのにかかわらず、症状が一向に良くならないなど不具合を感じたときにその不具合をインターネットや近所の立ち話しなので皆様に発信します。それにより、悪いうわさが広がってしまった場合集客することが難しくなります。そのため、技術を日々研鑽していくことが重要です。そうすることにより、お客様の症状が改善されたり緩和されたりすることで、お客様はそれを周りの人に公表します。そうすれば、リピーターも増えさらに新規のお客様を獲得することができます。また、どのように宣伝していけばいいかと言う悩みも多いです。宣伝方法は、チラシを制作して各家庭配布する方法やホームページを作成して、通院してくださったお客様の感想や写真などを掲載するなど工夫することで宣伝効果が高まります。しかし、チラシを制作したりホームページを作ったりなど整骨院の先生には知識がない人ほとんどです。そのため宣伝媒体を制作する場合は外注さんにお願いすることがベストです。時間とお金をかけて自分でするよりも、外注さんにしてもらった方が効率が良く早く宣伝することができます。集客のため宣伝は早めに行った方が効果が絶大にあります。サイトを作成した場合、クーポン券等も特典として掲示するとなお集客が望めます。開業して集客がないと経営が安定しないため悩みが尽きないと思います。早めの集客対策をとって安全な経営をして地域の皆様から愛される整骨院になってほしいです。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

接骨院の独立開業方法

全くの未経験から接骨院で独立開業したい場合、まず資格が必要になります。その資格とは国家資格に分類される柔道整復師です。その名の通り柔道整復術という施術を行います。例えば、骨折や捻挫などの治療をすることができます。柔道整復師は業務独占資格です。そのため、資格を持っている人以外はその仕事を行うことができません。また、安定した求人があり、日本が高齢化社会に変わっていくことでその需要はさらに増えています。
取得するには、必ず学校もしくは養成施設に通う必要があります。かかる期間は最低でも3年です。単位取得で条件を満たせば受験資格を得ることができます。国家試験が行なわれている回数は年に1回です。試験に合格すれば柔道整復師として働くことができます。将来的に独立を目指す人も多くの場合、合格後に一度どこかに就職して仕事に対する知識を学び、スキルを身につけようとする人が多いです。何年か働いて開業資金を貯める必要もあります。自分で接骨院を開くときには技術だけでなく、経営スキルも必要となります。求人の中には経営のやり方を教えてもらえて、将来的な独立支援の指導を受けられるものもあります。最初は資金が少ないことから開く場所で節約を考える人が多いです。安く済ませる例として自宅で開業するか、どこかで一室を借りて行う場合があります。接骨院は施術者に治療を受けたい人が求めているスキルがあれば、場所を問わず来院することが多いです。そのため、大通りなどに面していなくても、スキルがあれば十分に収入を得られる可能性があります。接骨院にやってくる人は高齢の人が多いです。また、体に不調がある人が訪れる場所でもあるため、一室を借りて開業する場合、少しでも負担を減らすために1階を選ぶ人が多いです。また、最初に開業するときには集客も必要となります。広告媒体、主にチラシやホームページなどを用意し集客を行います。広告も自分で作成することができればその分節約することができます。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

接骨院を安く開業する為に

柔道整復師などの国家資格を持っている方であれば、接骨院を開業することができます。将来的に独立起業を目指している方にとっても注目されることの多い職業として挙げることができ、常に一定の需要が見込めるので、将来的に安定を求める方にも好都合な仕事です。実際に修行を行い一定の勉強を行った上で、国家資格を取得した方の中には、就職した後に接骨院の開業を行う方も数多く存在しています。比較的低資金にて開くことができる職業でもありますが、できるだけ安く開業することを希望している方も大勢います。このような方であれば、接骨院を開業する場所を事前に十分に調査した上で決定することが望ましいことです。安く済ませることを期待している方であれば、居抜き物件などを最大限に活用することも良い方法です。例えば正面が全てガラス張りで出来ている物件を選んだり、水周りの設備が整っている物件を見つけることでも安く済ませられるケースがあります。以前の店舗がサロン系の場合では非常に向いている物件として用いることができるので、まずは居抜き物件を探してみることがおすすめの方法です。初期の期間に関しては、スタッフなどを雇わずに単独で開業する方法もあり、来院されるお客様の数が増えた後にスタッフを雇う方法で、経費を安く済ませることも可能です。施術に必要なベッドや各種器具類に関しても、インターネットなどを通じて安く資材類を購入する方法も用意されているので、情報をできるだけ多く取り入れることも大切な方法です。接骨院を開業するためには宣伝を行うことも必要です。その経費も多くかかってしまうことがあるので、できるだけ安く済ませることを期待している方ならば、パソコンでチラシなどを作成して、自ら開業前にポスティングを行う方法も非常に効果的になりますが、他にもインターネット上に専用のホームページを作成する方法で、多くの方々に広く宣伝を行うことができ、余計な経費をかけずに営業を行うことが可能です。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院を開業するリスク

整骨院は人気が高いため開業する事によって稼ぐことができると考えられているのですが、メリットだけではなく当然デメリットも存在しています。では整骨院を開業する事によって発生すると考えられているリスクとしてはどのようなものがあるのかと言うと、大きく分けて6つほどあると言われています。
まず整骨院を開業すると言う事は経営についての知識を身につけておく必要があり、治療技術だけで経営をすることができないようになっています。そのため経営に関するリスクと言うものは当然ついてきますし、経営するためにはお金が必要になってくるのですが患者が来ても来なくても必ず費用と言うものが発生してきます。つまり経営し続けるためのお金を確保し続けなければいけないというリスクが伴うようになりますし、その経費を上回る収入を得なければいけないというリスクもあります。
ほかにも同業者同士での競争が当然発生してくるので他の整骨院との差別化を図らなければいけないという点や、治療技術だけではなく様々なところで患者からのクレームが来るかもしれないと言う点もひとつのリスクとして覚悟していかなければいけません。さらに治療中に事故が起きてしまえばクレームどころの問題ではなくなってしまいますし、これらは経営を続けていけるかどうかと言う点で非常に高いリスクとして検討していかなければいけないポイントであると言われています。特にクレームは今後の整骨院の評判にも繋がってくる部分なので集客に影響が出てきますし、経営している間に他の整骨院が開業してしまうとその分リスクがどんどん高まっていきます。
そして最も気をつけなければいけないリスクとして言われているのが法律違反という部分であり、経営をしていく中では色々な法律が関連してくるので全てを把握しておく必要が出てきます。中には知らずに法律違反を犯して経営できなくなってしまうと言うケースもあるので、知らなかったでは済まされないということを理解しておく必要があります。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院を開業して生き抜くために必要なスキルとは

 せっかく整骨院を開業しても、肝心のお客となる人がいなければ経営が苦しくなってしまいます。ですので、整骨院の運営を軌道に乗せるにあたっては色々なスキルを必要とするのは間違いないといえるでしょう。
 それでは、整骨院を開業して生き抜くにあたっては何が必要なのかについてですが、それはまず技術の確かさについては間違いなく必要とすることはいえます。これは、日々学んでいきながら実践するようにします。
 それから、コミュニケーション能力があるのかという点も非常に重要となっています。施術をする間は基本的には利用者と会話する必要があります。会話をすることによって、悪くしている部分がどこなのかや治療方針をどのようにすると改善することができるのかがわかるようになります。ですので、会話術についてはスキルとしてマスターしておくようにする必要があります。利用者との信頼関係を築くことによって、初めて経営が軌道に乗りやすくなることがいえます。
 では、その信頼関係を築くための患者をどのようにすれば増やすことができるのかというと宣伝方法が必要となります。いくら腕が良いという評判があったとしても来てくれる人がほとんど来なければ整骨院を開設する意味がありません。
 集客方法については、たとえば広告を出してもらうことは一つの方法として成り立ちます。それから、ホームページなどを作成することもその一つといえます。自分ひとりでつくることが難しいという場合においては、ホームページを専門に作成してくれる業者もいますのでそちらの力を借りることも一手といえるでしょう。現在はスマートフォンを利用する人が増えていますので、スマートフォンを利用している人向けのサイトなどもつくっておくようにすることも集客方法として成り立ちます。
 もう一つ重要なのが経営面のスキルです。最近では整骨院において勉強会なども開催されているところも複数ありますので、新規で整骨院を始める場合においては参加して情報交換を行うようにすると良いでしょう。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

接骨院を開業して上手に宣伝する方法

宣伝をする方法としては、いくつかの方法がありますが、昨今ではインターネットを使った宣伝がとても盛んになっています。

これは、テレビなどを視聴する方よりも、インターネットを行う人の方が爆発的に増加したこと、こうした点もあり、また同時にスマートフォンの普及などにより、多くの方々が、スマートフォンを利用してSNSでも有名な「フェイスブック」や「ツイッター」を利用していることから、こうした利用者の方に向けて、開業の宣伝をされる方々も増加しています。

まず、こうした宣伝の際には、ツイッターもフェイスブックも、お金がかからないという点がまずは大きなメリットの一つになっています。
また、フェイスブックの利点としては、接骨院を開いた方が実名登録でフェイスブックにアカウントを作成し、そこから知人などに、いいね、というボタンなどを押してもらうと、その知人の方や親友の方、その方々のお知り合いの方たちにまで、接骨院の開業がされた、ということが広がっていくため、大きな宣伝となります。

つまり、知り合いが多ければ多いほど、どんどんと瞬く間に、宣伝はされていくという形になり、まったく接骨院さんを知らない方であっても、このように開業された接骨院さんがある、ということをフェイスブックを通じて、知ることが出来ます。

ツイッターの場合には、何かしらの面白いコメントなどを行うと、そこからお気に入りボタンとして、フォロワーさんが増加していく傾向にありますので、それに乗じて、接骨院の宣伝、開業のお知らせなども流すと、そのままお気に入りをしてくれたフォロワーさんの元に流れる形となり、また、気に入ってくれた際には、コメントやリツイート、といった形で、開業をされたことが、次から次へと、知らない方の間に流れていく形になります。

また、ツイッターのメリットとしては、新しく開業された接骨院さんを調べている方がいる場合には、検索機能を使って、その方の接骨院さんのアカウントにたどり着くことが出来るため、この点も大きなメリットとなっています。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院の開業を広告する方法

整骨院の開業を多くの人達に知ってもらう方法として、広告があげられます。様々な広告がありますが、新聞の折り込みチラシは多くの人達の目にとまります。
整骨院は、地域に根ざして事業を発展させることが必要なこととなります。近くに住む人達が、新しく開業した整骨院を知り、行ってみたいと思わせるようなチラシ広告は大きな意味があります。
チラシには、どういった症状を治せるのかといったことを、わかりやすく書くことが必要です。チラシを見た人が、その症状で悩んでいた場合、治せる可能性があるような整骨院であると、すぐにでも行ってみたくなります。
整骨院は、最近増えています。接骨院、整体等、様々な名称で、身体の痛みやゆがみを治す施術院が多く誕生しています。したがって、名前や診療時間、場所、電話等だけでは、多くの施術院に勝るような魅力が感じられません。
他の施術院にはない、その施術院独自の魅力を、チラシにこめることが大切なこととなります。施術をしてくれる人達が信頼が出来ることや、施術院の雰囲気がよいこと、ポリシー等がはっきりと書かれていると、わかりやすく、信頼出来る広告となります。
新聞のチラシ等は、比較的年齢層の高い人達が目にします。若い人達は、忙しいため、新聞やチラシをじっくりと見る機会が少なくなります。
整骨院を訪ねたい人達は、比較的、年齢の高い人達が多くなります。加齢による腰や肩の痛みがあったり、骨折等による身体の動きにくさが長い間にわたって治らない場合などに、整骨院を訪ねると効果があります。
病院ではないため、気軽に出向いていき、施術をしてもらえる良さもあります。したがって、自宅の近くに整骨院が開業し、魅力のあるところならば、通ってみたい人達が多くいます。
新聞の折り込みチラシで、近くに住む人達に、開業をしたことを知らせることは良い方法となります。新しく開業されたところは、設備も新しいため、気持ちよく通うことが出来ます。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院を開業する為に必要な知識

接骨院や整骨院を開業するためには、いくつかの段階を経なければなりません。そのため、開業を決意して準備を始め、開設までスムーズに進められるように、基礎的な知識は予め知っておくと効果的です。そこで、接骨院や整骨院を開業するにあたって特に重要である、施術所開設届や労災保険の申し込み、保険請求のためのレセコンの導入などについて見ていきましょう。
施術所開設届は、免許や登記簿謄本などの必要書類を保健所に提出し、その場所で施術を行うことを承認してもらうために必要です。ここでの注意点は、施術所開設届は「開設後」10日以内に提出する必要があるということです。施術所開設届を提出して承認を受けないと保険が請求できないので、この仕組みをしっかりと把握していないと、開設当日から必要な施術を行うことができません。したがって、たとえば開設して10日間はお試しで来院できるとするプレオープンとしておき、その間に施術所開設届を提出しておけば、本当に開設したときからスムーズに施術を行うことが可能になります。極めて重要な知識なので、必ず把握しておきましょう。
次に労災保険です。開設した接骨院や整骨院を労災指定機関として指定を受けるためには、免許や申込書、委任者選任届などの写しを、所轄する各労働基準局に提出して申請します。通知が届くまでには早くて1ヶ月、遅くて3ヶ月程度と多少時間が必要となるので、仮に開設してから申請した場合には、通知が届くまでの間に労災を起こしても保険は適用されないので注意しましょう。
次に、保険請求のためのレセコンの導入です。保険の適用が利く施術を行うためには、保険の請求を行う必要があり、これをスムーズに行うために便利なのがレセプトコンピューター、レセコンの導入です。最近では接骨院や整骨院向けに開発されたレセコンも販売されているので、是非積極的に活用しましょう。
もちろん、これら以外にも必要になる知識はありますが、とりあえずは今回の知識を最低限把握した上で、開業の準備に取りかかりましょう。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

接骨院を開業するときに注意すべきこと

接骨院を開業するにあたっては、普通にお店を開業するときのような仕入れや在庫などの準備は必要なく、開院したその日からすぐに営業を始めることができます。ただし、それでも注意しなければならないことはいくつかあり、どれも重要なことなので、しっかりと把握しておかないと、一年待たずして廃業する可能性があります。まずは、準備段階に必ずやっておかないといけないことを把握しておきましょう。
接骨院を開業しようとする整体師や柔道整復師の技術や経験がどれだけ優れていても、患者さんが来なければ全く無駄になります。つまり、開業にあたって一番重要なのは、患者さんの確保に尽きます。やってしまいがちなのが、開業の準備に終われてしまって、いざ患者さんを呼び込む作業が開院後になってしまうことです。開院したら様々な費用がかかることになり、運良く患者さんを呼び込めた時には、既に経営は火の車ということに陥ってしまいます。そのため、患者さんを呼び込む作業は開業の準備と平行して行うことが大切であり、チラシの作成やホームページの開設、開院祝いの特別待遇の設定など、手を尽くせる限り患者さんを呼び込む作業に力を入れましょう。その点においては、看板にお金をかけることも効果的です。特に雑居ビルの一室など、入るのに少し勇気がいるような場所においては、目立つ看板があることによって心理的に来院しやすくなります。
患者さんを呼び込む作業の他に注意しなければならないことは、どこに接骨院を設立するかです。周りに競合他社が並んでいるにも関わらず、開業の途中で気付いたということにならないように、地理的な下見も必ず行っておくようにしましょう。また、来院しやすい雰囲気の場所に設立することも大切です。たとえば、丘を少し登ったところに設立してしまうと、杖や押し車を利用するお年寄りは来院しにくくなります。車で来る人もいるので、広い駐車場を確保しておくこともポイントになります。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院の開業パターンについて

整骨院の開業パターンは一般的には、まずは実績のある整骨院に勤めて、そこで修業をするとともに経験を積んで整骨院を開業するというのが最も一般的なパターンです。何故かというと、修行中に顧客を掴んだりするコツが学べるからです。技術的なことも当然学べるのですが、整骨院は顧客があって成り立つものですから、まずは固定客をいかに確保するのかがカギとなるからです。そのためには、ある程度の経験と実績というものが必要となります。資金もある程度は必要となりますから、資格を取得したからといって誰でもすぐに整骨院を開業するというのはリスクが高いと考えられるためです。
もちろん、最初から上手くいくかどうかは分からないわけですから、うまくいく可能性は誰にでもあります。ですが、しっかりとした実績があれば、このリスクはかなり低くすることができるので、整骨院の開業にあたってはこうした修業をしてからというパターンが多くなります。
技術や知識があれば、誰でも開業をすることが出来るというものではなく、むしろそれ以外のものでなかなか開業というのが難しいことだということがいえるでしょう。例えばクレーム対策です。最近はクレームが訴訟に発展するようなケースも少ないわけではありません。ちょっとしたことが原因で何が起きるかわからないものです。そうした時の対応、そうならないための防衛手段など考えておくべきことは多々あります。そうしたことを知らないで開業をしてしまうと、いつ存亡の危機に立ってしまうようなことになるのかわからないというリスクがあるのです。実績のある整骨院では、修業中にそうしたさまざまなことを経験することが出来るでしょう。いろいろなお客様がいて、いろいろな対応が求められるものだということがわかります。これはどんな腕のいい整骨院でも起こることです。そうしたもろもろのことを学んで後、これなら出来ると感じた人が開業していくというのがパターンです。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院を開業して学んだこと

整骨院を開業している方は数多くいらっしゃいます。
人によりますが、大抵の場合は「今の仕事が嫌だから、個人事業主となって悠々自適に仕事をしながら生活したい」といった楽をしたいといった考え方から資格を取り、開業される方が目立ちます。
近年では、資格を発行する団体も多く、場合によっては数週間で、数万円程度でも資格を取ることが出来ます。
もちろん、資格の取り方がどうであれ、本人が真面目に取り組めば時間や値段以上の施術を行うことが出来るでしょう。
しかし、資格を取って直ぐに開業されてしまう方もいらっしゃいますが、ある程度の施術が出来たとしても、患者様に対する対応がよろしくなければ、やはりその場所に定着するのは難しいと言えるでしょう。
また、特殊な施術を行えることを売りにしている整骨院もありますが、特殊であることに、最初は食いつきますが、特別効果を実感出来なければ、意味がありません。
であれば、必ず患者様に満足して頂けるような施術を行えるかどうかに掛かっています。
何度も失敗されている方を見て学んだことは、やはり、何を思って仕事に取り組むかです。
特に、開業したら、個人事業主となる訳ですから、相当な力量がなければ悠々自適な生活なんて出来る訳がありません。
実際に、整骨院を開業されていて成功されている方は運が良かった、方もいらっしゃいますが、それだけではありません。
しっかりと緻密に計算された上で、開業されています。
また、しっかりとした技術をお持ちです。
それだけではなく、悠々自適な生活をする為に始めたのではなく、患者様を良くしたいといった思いがあります。
その思いが、行動へと繋がり、体を良くしてほしいと願っていらっしゃる患者様への施術へと繋がるのです。
どんな思いでことに取り組むのかというのは、非常に大事な要素になって来ます。
それが行動になるからです。
まずは、患者様を第一に考えて開業することが、成功への道ではないでしょうか。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

接骨院を開業する理由や目的・一生雇われるべきか、自分で開業すべきか

最近、医療機関で増えているのが、柔道整復師を柔道整復師として雇用せず、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのサポートをできるような名称での雇用です。保険点数の関係もありますが、そうした雇用形態が他の病院職員との軋轢となり、存在しているケースが多くみられます。雇用条件の中で、しっかりと明記されており、説明も受けている場合にはそのような雇用体系が、自分の職務ではないと反論することはできませんが、明記されていたとしてもなかなか思うように意見できないのが柔道整復師の弱みともいえます。
柔道整復師は、独立し、接骨院を開業し経営していくことのできる資格で、国家資格として認められたものです。しかし、その目的は骨折や捻挫、脱臼、打撲、挫傷の治療にあり、その分野ではエキスパートと言えます。しかし、その治療の目的が明確であることが柔道整復師の独立を阻むものとなっているのが現状です。
医療機関のなかで治療行為に取り組む場合、一次的に医師の診断を受けた患者の治療となります。ですから、柔道整復師に回ってきた仕事をする場合で、その職域を逸脱することはありません。しかし、これを独立して行う場合、微妙な状況や、他の懸念材料がある場合には、その職務として医師と同様の診断を下すことはできないことになります。ここに柔道整復師という独立開業できる権利を与えられていながら、独立開業だけを是と出来ないジレンマがあるのです。
確かに、医療機関でなければできないことも多く、また、独立すると職域を逸脱しないよう心がけて職務を全うしなければならない心理的なプレッシャーは大きなものです。しかしながら、そこに慎重さが生まれいい仕事ができる期待もあります。
現在、大病院には、街の診療医から紹介状がなければ直接足を運ぶのが難しい状況にあります。そのように考えるのであれば、街の診療医との関係性を高めていけば、接骨院の弱点をカバーし、より慎重な仕事もできるのです。
開業することを無駄に恐れるより、出来ることをしっかりできる環境の構築を目指すことは大きな一歩となるでしょう。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院の開業方法・勝ちパターンの紹介

整骨院はマッサージやストレッチ、テーピングなどの治療技術を使って、患者さんの治療を行うところです。紛らわしいものに整体院がありますが、整体院は無資格で誰でも開業することが可能ですが、整骨院は柔道整復師の国家資格が必要になります。ですから、整骨院を開業したいなら、まずは柔道整復師の資格を取ることが必要になります。柔道整復師の資格は専門学校に4年間通うことで取得できます。資格を取得したからといってスグに整骨院を開業できるかというとそうでもありません。整骨院は健康保険なども使える治療所になりますから、関係官庁への届け出や保健所により立会い検査などもあります。ですから開業するにはそれなりにしっかりした設備のある施術所を備えなければいけません。そのためにはけっこうな開業資金が必要になります。学校を卒業したばかりの人に、そんなお金はない場合が普通ですから、まずはどこかの整骨院でアルバイトや社員として働くのが望ましいです。そこで運営方法・ノウハウを学んで開業に備えるのです。そして、ある程度経験を積んでから独立開業を狙うべきです。なんとかして整骨院の開業まで漕ぎ着けたとしても、そこから経営を軌道に乗せていくのはそう簡単ではありません。たしかに高齢化が進んでいるので、治療院の需要は高まっているのは事実ですが、それ以上に施術所は増加していますから、かなり競争は激しいです。この業界の成功の秘訣は口コミにあります。口コミで評判が広まり、リピーターが付き業績が拡大していきます。良い口コミを広めてもらうには、とにかく施術の腕が何よりも必要になります。施術の効果に満足できれば、お客はリピーターになってくれます。ですから、絶えず施術スキルを学び技術を向上させることが一番大事です。さらに、その上で、その施術所だけでしか味わえないような付加価値をつけていくことが重要になります。例えば、施術の合間に美味しいケーキやお茶を出すとか、アロマを焚いて最高のリラックス空間を演出するなど、他の店舗と差別化していく必要があります。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院開業の成功例をご紹介

整骨院だけでなく、このような身体に関わるお仕事の場合には、口コミなどがとても重要になってきます。

整骨院を開業されるにあたって、成功例を挙げるとすれば、まずは口コミで、良い評価などを得るということが重要になってきます。

ただ、口コミに関しては、何かしらのサービスなどに登録をするという方法だけでなく、自分の整骨院のサイト、ホームページなどに、実際に訪れてくださった患者さんたちからのお言葉、お声、などを掲載させてもらう、許可を得て掲載をさせていただく、このような方法で、「ここは信頼できる整骨院さんだ」というように、次に来る患者さんたちからも信頼を寄せてもらうことが出来ます。

実際に、成功をされている整骨院さんの多くは、こうしたお客様、患者様からの声を、ホームページなどに掲載し、「どのような整骨院であったのか」「このような点がよく、とても身体が楽になった」などと言った、プラス面での良い口コミを掲載されていることが、とても多いです。

逆に、良くない口コミなども稀にはあるかもしれませんが、そのような口コミは、自分の整骨院の独自のホームページであるため、掲載する必要などもありません。

そのため、良い口コミを、自分たちのブログやホームページ、またはサイトなどに掲載することによって、患者さんの集客につながると同時に、「他の方々の評価」というものはとても信頼出来る、という実例がありますので、どんどんと良い評価というものにつながり、休む暇もないほど、患者さんが入る整骨院さんも多くあります。

このように、来てくださった患者さんから感想をお聞きし、その口コミを、掲載しても良いかの許諾を得てから、可能であれば、患者さんと施術をされた方とのお写真などを掲載することによって、より、その評価を高めることが出来ます。

写真の点などについては、抵抗がある患者さんもおられますが、このような目的で使用をされたい、という気持ちを明確にすると、許可をしてくれる方がとても多いです。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

接骨院の開業に向け準備する事

接骨院や整骨院を開業するためには国家資格である柔道整復師を持っていることが必要となります。こちらの免許は健康保険が使えますので、安い費用で治療を提供することができるのが良い点です。では接骨院開業準備にあたってどのように進めて行けばよいのか見て行きましょう。まず患者さんや街のニーズに合わせた施術院、たとえば、高齢者が多い街なのか、学生やアスリート向けの接骨院にしたいのかなど、目的によって施術の方向性が変わってきます。このような開業ノウハウを学ぶために接骨院、整骨院開業セミナーや、同業の先輩からのアドバイスを受けることが大切です。ある程度方向性や開院の場所の雰囲気がつかんでから具体的な手続きを始めることが良いでしょう。開業に向けて必要な手続きは施術所開設届という書類が必要です。こちらは各都道府県の保健所に届けて承認を得てもらう書類です。こちらは、開業後10日以内に届ける、といった規定があります。開業準備ができていなければ提出できません。こちらが提出できていないと、保険申請ができませんので注意が必要です。施術所開設届と一緒に提出する書類を詳しく見て行きますと、柔道整復師免許の原本と写し、施術所の平面図。案内図、法人であれば登記簿謄本、施術所が賃貸物件であれば、賃貸契約書のコピーなどが必要になっています。この届を出しますと、保健所からの実地立ち合い検査が入ることもあります。建物が平面図通りか、ベッドや消毒施設が配置されているかなどを立会いの下で検査していきます。全ての地域がこの通りになるわけではありませんが、地域によっては書類審査だけで開業が認められたり、保険所へ結果を取りに行かなければならなかったりと、それぞれの各自治体によって対応の仕方が違ってきますので、問い合わせして確認しておけば準備がスムースに運ぶことができます。その他、共済番号、防衛相番号受領印契約、労災保険などを各担当省庁へ届ける必要があります。これらは開院後でも間に合うものもいくつかありますが、できるだけ早めに提出をしておくことが良いようです。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院の開業で失敗しないコツ

整骨院を開業しようと考えている方や、開業すると考えている方は失敗しないためにも、ある程度のポイントを把握しておきましょう。
重要となるのは、お店を開く場所となります。集客しやすい場所ですと、駅前や商店街、オフィス街となります。駅前に関しては、乗客が多い特急や急行が停止する駅を選ぶと良いでしょう。ただ、遠くから来るお客さんも見込めますが、同時に同業者のお店も多くなっていきます。商店街では、お買物のついでに来ることができるので、家族でのお客さんを増やすことができます。デメリットとしては、テナント料が高めの傾向にあるということです。オフィス街は、職場の帰りなどに立ち寄れるため、OLや会社員の方の集客が望めます。目立つお店にすることでお店の存在をアピールできますが、車の通りも多い場所となるため、お店の存在に気付かないこともあります。住宅街にも整骨院は多いです。住宅街に建てることによって家賃を抑えることが出来ますが、その地域だけでなく他の地域にも知ってもらう工夫をしないといけなくなります。
お店のコンセプトによってターゲットが違ってくるため、コンセプトによって立地する場所を絞りましょう。
集客率が良くても、お店を経営していくノウハウなどを知らなければ失敗しやすいため、同業者の知人や先輩に聞いてみることも重要となります。整骨院を何年かやっている方は、開業で何が足りなかったかなどを詳しく聞くことができるので、おすすめな方法となります。
同業者の知人がいないという方に関しては、整骨院の開業するためのセミナーを行っているところがあります。セミナーは無料で行われているところが多いです。内容としては、集客術や資金運用の方法など学ぶことができます。時間としては90分程度となり、同じ悩みを持った方が集まるため、新しい人脈を作るのにも役に立ちます。インターネットで調べてみると、開催しているセミナーが出てくるため、近場で開催されている場合は利用することを検討してみましょう。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

接骨院の開業で利益を出すコツ

独立を目指している方の中には接骨院を営むことを希望している方も存在しています。一度国家資格を取得した場合では、信頼できる医院として開業を行うことができるので、独立志向を持っている方の場合では向いている職業として挙げることができます。一方で接骨院として開業する場合では、ボランティアを行うものではないので、接骨院を立ち上げた場合では利益を追求することも大切な部分です。接骨院の開業で利益を出すコツに関しては、粗利計算を事前に十分に行う方法も効果があります。粗利とは売上げに対して粗利益を計算する方法になるので、一般的に言われている純利益とは異なっています。そのため、接骨院の規模や環境によって利益の差が生じるものですが、事前にその部分を考慮しながら、最低限必要な粗利益を計算することが必要です。物販などを行っている事業の場合では、仕入れ料金がかかってしまい、粗利益に直結してしまうものですが、接骨院の場合では基本は仕入れなどをせずに技術のみで営業を行うことができる業界でもあるので、一般的な流通業よりも粗利益を低く設定することもできます。他には営業時間を十分に考慮する方法も用意されています。例えば夜間に多くの方々が利用をするようなエリアで開業を行った場合では、夜間対応として遅い時間まで営業を行うように設定する方法で、収益を向上させることができます。納得できる収益で、赤字を出さない方法としては、開業を行う場所に影響される場合も多々あります。賃貸として借りている物件の場合では、その家賃額などを計算に入れることも大切になり、開業当初の場合ではできるだけ負担の少ない物件を借りる方法も良い手段です。反響が良ければ後に引越しを行い、新しく広い場所で多くのスタッフと営業を行う方法も用意されているので、最初の段階においては、収益を重要視した上で営業展開を行うことが良い方法です。その背景には優れた技術力を持っていることも大切なことで、接客マナーなどについても一定以上のものを身につけることも必要です。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

接骨院を開業しやすい場所

接骨院は大都会でも地方都市でもどこでも需要が非常に旺盛です。また少子高齢化の影響もあり、年配の方の接骨院の利用者は右肩上がりにある状況にあります。開業に際してはその近所に、同業者がいないかなどのマーケティングを行うのはもちろんのことですが、年配者の通院を考慮して駅から近いか、バス停から近いかなどの交通の便を考える必要があります。場所としては学校が多くある、団地がある、マンションがあるなどの場所は開業に適しています。学校が多くあるということは、児童、生徒及び学生が体育の授業や部活動などで受診することが見込まれます。またこれらの子どもたちが自宅に帰り、両親や家族に接骨院についてお話しをしてくれることにより大勢の受診がさらに見込める効果もあります。団地やマンションが立地するという点では、人口が多く、潜在的な接骨院利用者がいるということです。現在では、午前中は年輩の方の受診が多く、医院によっては午前は予約のみとしている、大繁盛している医院も少なくありません。また自動車で通院される患者様のことを考慮すると駐車場のある場所も開業に適しています。駐車場については、バリアフリーにして、足に障害をお持ちの方も考慮して車いすの利用についても配慮すると良いでしょう。福祉施設の近所も接骨院の開業に適しています。有料老人ホームや介護施設などでは、日常的に利用者がおり、それらの施設では、通院について非常に負担になっているという実態があります。もし福祉施設の近所で開業するなら、患者はその福祉施設から多く来られることが見込まれます。都心の医療関係事業所がテナントで多数入っている物件も賃貸であれば非常に良い成果が期待できます。通院されている方は複数の病院を掛け持ちしているので、その中から自然と患者が来るでしょう。患者同士の口コミ情報は侮れません。親身に治療を行うことにより患者が患者を呼んできます。接骨院開業は場所選定から戦略的に行いましょう。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院を開業し「成功」といえるラインとは?

整骨院を開業する前に、修行で他の整骨院で勉強してきた先生も多いと思います。そんな中で、独立して自分の整骨院を開業したいと言う野望を持つ先生も多いです。そんな中で、晴れて独立した先生で成功している人は一握りです。整骨院で成功していると言える基準のラインが2つあります。それは、集客して月1,000,000円以上稼げているかと言う費用的な面と、地域の皆様に長く愛されている整骨院かどうかが成功しているかどうかの境目になります。費用面で言う、稼げているかどうかは先生の技術や集客のために戦略を練っているかどうかを判断する基準になります。技術に関しては、他の整骨院で勉強してきたためある程度は身に付いていると思われます。しかし集客のための宣伝媒体の政策や、地域にあるライバルの整骨院の経営状況や集客方法など広い目で把握して自分なりに突破口を見出している人は自分の店新規の顧客様にリピーターを増やすことが可能です。リピーターが増えると言う事は定期的に店にお金が入る状況になります。新規の顧客は、ネットに口コミを書いたり近所の皆様に評判を話したりなどさらなる集客を見込める客様になります。そうすることで、毎月売り上げを上げて成功と言われるラインまでもっていくことができます。2つ目の地域の皆様へ長く愛されるお店になっているかどうかと言うのは、やはり先生として技術の研鑽を怠らずしていてもお客様が寄り付いてこないお店の場合はその秘訣を存分に披露することができません。地域の皆様へ愛されてないお店は悪い噂が広まったり技術はいいはずなのにお客様が集まらないなど不都合なことが多く発生しまいます。生涯、その場所で経営していくのならば皆様へ愛されながら経営したほうが気持ちが良いです。また、地域の方々とマッサージのレッスンを指導したりコミュニケーションをとることでさらに信用信頼関係が築けます。整骨院として、成功を目指して技術を磨き開業して下さい。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院(接骨院)の開業にかかる費用について

病院よりも気軽に通院することができ、肩こりや腰痛といった日常的に発生する苦痛を和らげてくれる整骨院は、様々な症状に悩む患者にとって、救いともいうべき場所でもあります。
そのように、数多くの人々に必要とされる整骨院ですが、開業するには、多大な費用がかかるものでもあります。
まず第一にかかるのが、テナントとして入る物件の家賃、仲介手数料、保証金などの費用です。
これらは物件取得費と呼ばれるもので、物件によっても、かかる金額は違いますが、その中でも、保証金は、家賃の6か月分や10ヶ月分といった具合に最も高額になる可能性が高いものです。
家賃や敷金、保証金は、不動産会社に支払う仲介手数料とは違い、物件のオーナーとの交渉によって、安くなる場合がありますので、一度交渉されてみるのも良いでしょう。
その次に必要となるのが、院内の内装や看板の工事費、低周波治療器やウォーターベッド、超音波治療器などといった治療機器の購入費などの設備投資費です。
治療機器については、必要に応じて、ローンやリースなどを利用するなどの工夫をすることができますが、その場合、長期的に見て、リース費用が購入した場合の金額を上回っていたり、ローンを組んだ結果、一括で購入するよりもはるかに高い金額で購入することになったりといった問題が発生する場合もありますので、できるだけ多くの開業資金を準備しておいた方が良いでしょう。
また、白衣やベッド、衛生用品、タオル、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、スリッパといった備品の購入や、開業にあたって、チラシやホームページなどの宣伝費などの費用も必要になります。
この場合では、宣伝費などは、今後、顧客を獲得するにあたって、重要なものとなりますので、細かな気配りが必要となります。
以上が、整骨院を開業するための主な費用であり、大まかな予算として、平均的に1000万円ほどかかります。
全てを自己資金でまかなうには、膨大な金額ですので、必要であれば、政府が運営している金融機関の融資などを検討されるのも一つの手です。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院を開業するにあたって接骨師会はどこを利用したら良いか

柔道整復師の資格を取得されている方で、整骨院を開業するにあたって、接骨師会に入会することを検討されている方がいらっしゃることでしょう。現在では、いくつかの接骨師会があって、どこを利用するかは自由に選択することができますので、選ぶポイントについてみていきましょう。
接骨師会では、整骨院を開業する方に向けての、さまざまなサポートを提供しているところがあります。例えば、整骨院を開業する際に必要な資金の項目や調達方法などを提案してくれたり、店舗を決め内装工事を行う業者を紹介してくれたり、開設時に必要な申請書類を代行して行ってくれること、スタッフへの教育や宣伝広告など、充実したサポートを提供しているところがありますので、整骨院を開業するにあたってこれらに不安がある方は、開業サポートに力を入れている接骨師会を利用されてはいかがでしょう。
そして、実際に患者さんに施術を行いますと、療養費を請求するなどの事務処理をすることになります。さらには、保険請求をしてから入金が確認されるまでには3ヶ月程度かかることが見込まれていますから、整骨院を開業した当初は、入金が直ぐに確認されないことになるものです。接骨師会では、この入金や保険請求などの事務作業を代行して、サポートしてくれるシステムを提供しているところがありますので、資金面や事務作業に不安を感じられる方は、こちらに力を入れている接骨師会を利用されてはいかがでしょう。
また、接骨師会を利用する場合には、入会金などの会費を支払わなければならないものです。この入会金などの会費の金額は、さまざまな価格に設定されていて、安いところや高めのところ、入会金や保証金などは無料ですが、月会費など発生するところがあったりとさまざまになっています。整骨院を開業するにあたって、どちらの接骨師会を利用したら良いかお悩みの方は、これらのポイントを参考にされて選ばれてはいかがでしょう。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

接骨院を開業するために準備すべき事

どんなお店でも、開業するためにはいろいろな準備が必要になってきます。
接骨院を始めたいと思う方は、すでに国家資格である柔道整復師の資格を持っているはずです。
大前提として資格を有しているべきですが、それ以外にどんな準備が必要でしょうか。
まず保健所の承認を得るための書類を準備しなければなりません。
それには、「施設所開設届」、「免許の原本と写し」、「駅などからの案内地図」と共に、開業するための施設が賃貸の場合は賃貸契約書の写し、法人の場合は定款の写しと登記簿謄本が必要になります。
ただし注意点として、この保健所に届ける期間というのは、接骨院の開業を準備している段階ではなくて、実際に開始してから10日以内になります。
つまり、届け出をする時点ではすでに開設されている必要があるということです。
その後、開業する地域によっては現地での調査が行われます。
タイミングを間違えてしまうと、法律に違反してしまう可能性がありますし、保険請求などにも支障が出てくる可能性があるので十分注意してください。
すでに接骨院を軌道に乗せている先輩方の多くは、接骨院の開業の準備を確実に進めていくために、タイムラインをしっかりと用意してことを進めていきました。
さらにチェックリストを用意して、必要な事柄を確実に行なう点で抜かりなく行動しました。
物事をしっかりと進めていくことは、その後の様々な事務手続きをキッチリと行なうための良い訓練になりますので、スタートの時点から確実にこなしていきましょう。
他にも同時進行させていきたいのが「ホームページの作成」です。
ホームページを持つことは開設のための条件ではありませんが、地域にある他の接骨院との差別化を図ったり、積極的に患者さんに利用していただくためには必須と言えます。
ホームページもすぐには完成しませんから、前もって良い計画を立てて進めていくことをおすすめします。
気持ちの良いスタートを切って、気持ちの良い施術に励んでください。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

整骨院を開業するために接骨師会への入会をする理由

整骨院を開業する時には、接骨師会へ入会をするケースがあります。これは、クレーム対応などで手や時間を取られないようにしたりすることが出来るからです。特に個人で整骨院を開業する時には、このようなことで手を取られると、即座に経営難に陥るようなことになります。特に開業の初期段階では致命的なものともなりかねません。個人で開業をしている人の多くは、こうしたクレーム対応に慣れていないケースが多いので、いたずらに時間を費やしてしまうというようなこともよくあることです。そうしたことを避けるためにも接骨師会を利用するというわけです。

また、多様なサポートを受けることが出来るので、安心して整骨院の経営が出来るということもあります。セミナーの情報や勉強会などの情報も受け取ることが出来るので、個人ではなかなか得られない新しい技術や知識を身につける場を教えてくれることになります。個人経営をしている場合には、こうしたサービスをしてくれるのはとてもありがたいといえるでしょう。必要となる請求ソフトが使いやすく、らくらく入力が出来るというのも魅力です。

入会金が無くて、入りやすいというのも魅力といってもいいでしょう。会費は経営を圧迫するような費用負担にはならない程度なので、これで多様な上記のようなサービスを受けられるということで、接骨師会を利用するというケースも少なくはないようです。

保健所への開設手続きからサポートしてくれるので、整骨院の開業から円滑な運営に至るまでトータル的にサポートしてくれるのもありがたいところです。特に初めて接骨院を開業するというような人は、こうした役所関係にどういう書類をいつ、どこに、どういう書式で提出する必要があるのかわからないということがあります。ですが、接骨師会のサービスを利用することで、こうした不慣れなことにも対応することが出来るようになり、経営以外のことで悩まされることが少なくなるわけです。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

開業のことならおまかせ!無料開業相談をする

開業に必要な資金・期間はどれくらい?無料1分診断はこちら

その見積もり金額、減らしませんか?

サイト内検索

過去の記事

開業支援レポート

モバイル
URLを携帯に送る

なび院関連サイト

  • 治療家の就職・転職支援 - なび院求人
  • 販促物制作・WEBサイト制作 - なび院広告