接骨院の経営支援

接骨院を開業するために準備すべき事

どんなお店でも、開業するためにはいろいろな準備が必要になってきます。
接骨院を始めたいと思う方は、すでに国家資格である柔道整復師の資格を持っているはずです。
大前提として資格を有しているべきですが、それ以外にどんな準備が必要でしょうか。
まず保健所の承認を得るための書類を準備しなければなりません。
それには、「施設所開設届」、「免許の原本と写し」、「駅などからの案内地図」と共に、開業するための施設が賃貸の場合は賃貸契約書の写し、法人の場合は定款の写しと登記簿謄本が必要になります。
ただし注意点として、この保健所に届ける期間というのは、接骨院の開業を準備している段階ではなくて、実際に開始してから10日以内になります。
つまり、届け出をする時点ではすでに開設されている必要があるということです。
その後、開業する地域によっては現地での調査が行われます。
タイミングを間違えてしまうと、法律に違反してしまう可能性がありますし、保険請求などにも支障が出てくる可能性があるので十分注意してください。
すでに接骨院を軌道に乗せている先輩方の多くは、接骨院の開業の準備を確実に進めていくために、タイムラインをしっかりと用意してことを進めていきました。
さらにチェックリストを用意して、必要な事柄を確実に行なう点で抜かりなく行動しました。
物事をしっかりと進めていくことは、その後の様々な事務手続きをキッチリと行なうための良い訓練になりますので、スタートの時点から確実にこなしていきましょう。
他にも同時進行させていきたいのが「ホームページの作成」です。
ホームページを持つことは開設のための条件ではありませんが、地域にある他の接骨院との差別化を図ったり、積極的に患者さんに利用していただくためには必須と言えます。
ホームページもすぐには完成しませんから、前もって良い計画を立てて進めていくことをおすすめします。
気持ちの良いスタートを切って、気持ちの良い施術に励んでください。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

開業のことならおまかせ!無料開業相談をする

開業に必要な資金・期間はどれくらい?無料1分診断はこちら

その見積もり金額、減らしませんか?

サイト内検索

過去の記事

開業支援レポート

モバイル
URLを携帯に送る

なび院関連サイト

  • 治療家の就職・転職支援 - なび院求人
  • 販促物制作・WEBサイト制作 - なび院広告