接骨院の経営支援

接骨院を開業する理由や目的・一生雇われるべきか、自分で開業すべきか

最近、医療機関で増えているのが、柔道整復師を柔道整復師として雇用せず、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのサポートをできるような名称での雇用です。保険点数の関係もありますが、そうした雇用形態が他の病院職員との軋轢となり、存在しているケースが多くみられます。雇用条件の中で、しっかりと明記されており、説明も受けている場合にはそのような雇用体系が、自分の職務ではないと反論することはできませんが、明記されていたとしてもなかなか思うように意見できないのが柔道整復師の弱みともいえます。
柔道整復師は、独立し、接骨院を開業し経営していくことのできる資格で、国家資格として認められたものです。しかし、その目的は骨折や捻挫、脱臼、打撲、挫傷の治療にあり、その分野ではエキスパートと言えます。しかし、その治療の目的が明確であることが柔道整復師の独立を阻むものとなっているのが現状です。
医療機関のなかで治療行為に取り組む場合、一次的に医師の診断を受けた患者の治療となります。ですから、柔道整復師に回ってきた仕事をする場合で、その職域を逸脱することはありません。しかし、これを独立して行う場合、微妙な状況や、他の懸念材料がある場合には、その職務として医師と同様の診断を下すことはできないことになります。ここに柔道整復師という独立開業できる権利を与えられていながら、独立開業だけを是と出来ないジレンマがあるのです。
確かに、医療機関でなければできないことも多く、また、独立すると職域を逸脱しないよう心がけて職務を全うしなければならない心理的なプレッシャーは大きなものです。しかしながら、そこに慎重さが生まれいい仕事ができる期待もあります。
現在、大病院には、街の診療医から紹介状がなければ直接足を運ぶのが難しい状況にあります。そのように考えるのであれば、街の診療医との関係性を高めていけば、接骨院の弱点をカバーし、より慎重な仕事もできるのです。
開業することを無駄に恐れるより、出来ることをしっかりできる環境の構築を目指すことは大きな一歩となるでしょう。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

開業のことならおまかせ!無料開業相談をする

開業に必要な資金・期間はどれくらい?無料1分診断はこちら

その見積もり金額、減らしませんか?

サイト内検索

過去の記事

開業支援レポート

モバイル
URLを携帯に送る

なび院関連サイト

  • 治療家の就職・転職支援 - なび院求人
  • 販促物制作・WEBサイト制作 - なび院広告