接骨院の経営支援

接骨院の独立開業方法

全くの未経験から接骨院で独立開業したい場合、まず資格が必要になります。その資格とは国家資格に分類される柔道整復師です。その名の通り柔道整復術という施術を行います。例えば、骨折や捻挫などの治療をすることができます。柔道整復師は業務独占資格です。そのため、資格を持っている人以外はその仕事を行うことができません。また、安定した求人があり、日本が高齢化社会に変わっていくことでその需要はさらに増えています。
取得するには、必ず学校もしくは養成施設に通う必要があります。かかる期間は最低でも3年です。単位取得で条件を満たせば受験資格を得ることができます。国家試験が行なわれている回数は年に1回です。試験に合格すれば柔道整復師として働くことができます。将来的に独立を目指す人も多くの場合、合格後に一度どこかに就職して仕事に対する知識を学び、スキルを身につけようとする人が多いです。何年か働いて開業資金を貯める必要もあります。自分で接骨院を開くときには技術だけでなく、経営スキルも必要となります。求人の中には経営のやり方を教えてもらえて、将来的な独立支援の指導を受けられるものもあります。最初は資金が少ないことから開く場所で節約を考える人が多いです。安く済ませる例として自宅で開業するか、どこかで一室を借りて行う場合があります。接骨院は施術者に治療を受けたい人が求めているスキルがあれば、場所を問わず来院することが多いです。そのため、大通りなどに面していなくても、スキルがあれば十分に収入を得られる可能性があります。接骨院にやってくる人は高齢の人が多いです。また、体に不調がある人が訪れる場所でもあるため、一室を借りて開業する場合、少しでも負担を減らすために1階を選ぶ人が多いです。また、最初に開業するときには集客も必要となります。広告媒体、主にチラシやホームページなどを用意し集客を行います。広告も自分で作成することができればその分節約することができます。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

開業のことならおまかせ!無料開業相談をする

開業に必要な資金・期間はどれくらい?無料1分診断はこちら

その見積もり金額、減らしませんか?

サイト内検索

過去の記事

開業支援レポート

モバイル
URLを携帯に送る

なび院関連サイト

  • 治療家の就職・転職支援 - なび院求人
  • 販促物制作・WEBサイト制作 - なび院広告