接骨院の経営支援

接骨院を開業するまでにかかる費用

接骨院の開業に至るまでには、様々な費用が必要になります。まずは、接骨院として使用する物件についての情報を整理しましょう。たとえば家賃10万円の物件を接骨院として使うとなると、最初に敷金としてその3倍の30万円ほどが掛かります。更に初月の家賃である10万円に、物件を紹介してくれた会社への手数料にも10万円、そして火災保険などへの加入も条件になりますからそれも計算に入れなければなりません。
そうすると物件の準備では、最低でも50万円から60万円ほど掛かってきます。仮に礼金も求められればもっと高くなるでしょう。家賃については接骨院の開業には18坪以上の建物が必要ですので、その広さを前提として相場を確認するべきです。もちろん持ち家を接骨院として使用するのであれば、関係のない話になります。
次に、機材に掛かる費用です。ほぼ間違いなく必要になるであろうベッドは1台4万円ほど、低周波治療器や干渉波治療器は合わせて70万円ほどの予算を見込んでおくといいでしょう。高額なのはローラーの付いたベッドです。接骨院なら間違いなく見掛けるであろうあのベッドは、1台で80万円弱もします。他には固定用の機材などもないといけませんので、忘れずに準備しなければなりません。これらを総合すると機材には170万円から180万円くらい掛かることになります。
普通の物件を接骨院として使う場合には、内装を改装することにもなるでしょう。もしかするとこの部分が一番費用が掛かる可能性もあります。電気工事は確実に行うことになりますので、業者への見積もりを早めに行っておくのが理想です。規模にもよりますが、およそ30万円は掛かることでしょう。空調や水周りも工事をするなら合わせて50万円程度、看板を掲げるための工事もするでしょうから約20万円ほど用意しなければなりません。こればっかりは物件の状況や開業者のイメージに左右されるため具体的な数字とはいかないものの、100万円弱改装費用にあると安心できるでしょう。こうして考えると接骨院の開業までには、400万円ほど掛かります。あくまで参考程度の金額ではありますが、1つの基準にしてみてください。

posted by なび院【開業支援】 | Permalink | 開業支援レポート

開業のことならおまかせ!無料開業相談をする

開業に必要な資金・期間はどれくらい?無料1分診断はこちら

その見積もり金額、減らしませんか?

サイト内検索

過去の記事

開業支援レポート

モバイル
URLを携帯に送る

なび院関連サイト

  • 治療家の就職・転職支援 - なび院求人
  • 販促物制作・WEBサイト制作 - なび院広告